むちうち後遺障害12級 治療中から受任し694万円の支払いを受けた事例


(以下の金額は1万円未満省略しております)

 被害者、交通事故

 
 被害者の方は、交通事故にあい、むちうちとなり、治療を継続され、症状
固定時期直前に金田総合法律事務所弁護士が受任しました。
 後遺症(後遺障害)等級認定申請も金田総合法律事務所弁護士が代理し、む
ちうち関係について後遺症(後遺障害)12級13号が認定されました。

 くわしくは以下をクリックしてごらんください。
 むちうち等級1213号が認定されたケースとその後遺障害診断書の記載

 

  • 示談交渉

 
 金田総合法律事務所弁護士は、本件むちうち受傷事案に関し、その後の示談
交渉(損害賠償交渉)も代理しました。
 しかし、損害賠償金額について相手方との差が大きく、示談交渉は決裂しまし
た。被害者の方と相談し、交通事故紛争処理センターを利用することにしました。

 

  • 交通事故紛争処理センターでは…

 
 交通事故紛争処理センターから、それまでの支払済み治療費とむちうち関係
後遺障害12級認定により自賠責保険会社から支払いを受けていた224万円を除き、
470万円のあっせん案が出て合意に至りました。

  金田総合法律事務所弁護士受任後、694万円の支払いを受けたことになります。

 このケースは、事業所得者である被害者の収入が主な争点になりました。収入が
ゼロかあるか自体も争点でした。
 また、被害者の方(男性)は70歳に近い年齢であったこともあり、労働能力
喪失期間も問題になりました。

  事業所得者のケースは年収で争いになることがよくあります。 
 限られた資料を提出して年収の主張をしていき、157万円の逸失利益で合意
することができました。
 傷害慰謝料、後遺障害慰謝料は、当方の請求どおり(前者124万円、後者280
万円)で合意ができました。

 

 

12級の最新記事

四輪自動車の最新記事

自営業の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます