後遺障害14級 女性有職家事従事者 休業損害 逸失利益 慰謝料の解決事例

 被害者(30代女性):仕事も家事もされています
 自転車(被害者)と四輪車の交通事故で、被害者は腰椎捻挫などを受傷
しました。

  交通事故発生から後遺障害14級が認定されるまでのくわしくは、以下
をクリックしてごらんください。

 14級認定 交通事故により受傷で勤務先を休んだ有職家事従事者の女性

 

後遺障害等級認定後の示談交渉では…

 
 後遺症(後遺障害)14級が認定された後、最終の示談交渉も当事務所
弁護士が代理して行いました。
 示談交渉では、最終支払264万円(この金額は、治療費及び既払休業
損害分を除くものです。)を受けるという合意ができました。後遺症(後遺
障害)14級認定により自賠責保険会社から75万円の支払があり、これを
あわせると339万円の支払を受けることができました。

 

  • 本件の休業損害、後遺障害逸失利益、傷害慰謝料は…

 
(以下の金額は1万円未満を省略しております。)

 休業損害について

  本件は、平成27年に発生した交通事故でした。また、被害者は家事従事者
でもあり、交通事故後、家事に支障を来していました。そのため、当事務所弁
護士は、賃金センサス平成27年の資料に基づいた日額収入を算定し、休業損
害を主張していきました。
 その結果、最終示談交渉では、休業損害は支払済み分も含めて132万円に
なりました(通院期間はおよそ7ヶ月でした。)。

傷害慰謝料について

  本件は、通院期間およそ7ヶ月というケースでした。本件の細かい事実関係
を主張し、124万円になりました。

 後遺障害逸失利益について

  賃金センサス平成27年の資料に基づいた年収を基礎に、5%、5年間の喪失
に基づく金額で合意ができました。

 

14級の最新記事

主婦の最新記事

自転車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます