むちうち上肢しびれ14級(男性 契約社員)解決事例

  • 交通事故でむちうちなどを受傷

 
 会社帰りに自転車に乗っていた30代男性の被害者が、自家用車に衝突
されたという交通事故でした。この交通事故で、被害者はむちうちとなり
(上肢しびれもありました。)、治療を続け、後遺症(後遺障害)等級認定
14級9号が認定されました(後遺症等級認定申請は、当事務所弁護士が
代理して被害者請求にて行いました。)。

  くわしくは、以下をクリックしてごらんください。
 30代男性 むちうち、上肢しびれ 14級9号認定事例

 

  • 当事務所弁護士が代理した示談交渉

 
 その後、当事務所弁護士は、示談交渉も代理しました。
 示談交渉では、それまでに医療機関に支払われた治療費、休業損害、自賠
責から後遺症14級分75万円の支払い、労災から支給を受けた休業給付を
のぞき、最終145万円(千円単位は省略しています。)の支払いを受ける
という合意にいたりました。

  被害者は治療中に勤務先を離職せざるを得なくなりましたが、労災給付を
受けられましたし、最終の示談交渉では、逸失利益については5年間5%で
計算した金額で解決ができたケースです。

  通勤中に交通事故にあい、受傷した場合、労災保険が使える可能性があり
ます。
 労災保険には療養給付、休業給付、後遺障害の問題である障害給付などと
いった給付があります。
 当事務所では、交通事故受傷案件であり、かつ、労災適用案件を多数取り
扱ってきており、このようなケースではきめ細かいアドバイスをするよう心
がけております。

 交通事故にあい受傷したが、労災も問題になるという被害者の方はご遠慮
なく当事務所にご相談ください。

14級の最新記事

契約社員の最新記事

自転車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます