自営業30代むちうち上肢しびれ 異議申立てにより非該当から14級が認定された事例

  • 被害者、交通事故による受傷、症状などについて

 
 被害者は、自営業30代男性の方でした。バイクに乗って走行中、四輪車
との交通事故にあいました。被害者は、バイクから投げ出されて転倒し地面
に体を打ちました。
 バイクで交通事故にあい転倒したケースは、骨折等の大けがになるケース
も少なくありません(場合によっては脳挫傷等重度のけがをするケースもあ
ります。)。
 被害者の方には骨折はありませんでしたが、むちうち、擦過傷を受傷し、
くびの痛みや上肢しびれを自覚しました。

  • 当法律事務所弁護士が異議申立てに至る経緯

 
 被害者は、整形外科に通院しましたが症状が残り後遺障害診断を受け、相手
任意保険会社に後遺障害診断書を提出して等級申請をしましたが、非該当でした。
 その後、当法律事務所弁護士は異議申立てを行いました。

  • 異議申立てための準備

 
 本ケースの異議申立てをするために、本件事故に関する被害者の異常所見は
もちろんのこと、症状を細かく把握する必要がありました。また、その症状の
経過も聞く必要がありました。そこで、当法律事務所弁護士が被害者の方と病
院に同行して被害者を診ていただいた医師の先生にお会いしました。

 すると、初診からくびの痛みや上肢しびれ・知覚異常が一貫して存在してい
たことがわかりました。また、ジャクソンテスト、スパーリングテストでいず
れも異常所見が出ていたこともわかりました(この点は後遺障害診断書に記載
がありませんでした。)。医師の先生には追加でこれらの異常に関する文書を
発行していただくことになりました。

 さらに、当法律事務所弁護士の無料相談で持参された頚椎MRI画像を確認
させていただいたところ、弁護士が見ても異常がうかがえるところがありまし
た(被害者の症状と整合するものです。この点は医師の先生も後遺障害診断書
に記載されていました。)。このMRI画像については、被害者の方と相談し
て放射線診断専門医の先生にも診てもらうことにし、画像診断書を作成いただ
くことになりました。
 これらの資料をそろえ、異議申立てをしました。

  • 異議申立ての結果

 
 くびの痛み、上肢しびれについて、後遺症(後遺障害)14級9号が認定
されました。

 

14級の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

自営業の最新記事

解決事例の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます