TFCC損傷 ひざ外側側副靱帯断裂 弁護士加入後400万円の支払いを受けたケース

  • 事故状況、被害者

 
 被害者:30代女性(有職家事従事者)
     歩行中、自動車にはねられるという交通事故にあいました。

 

  • 金田総合法律事務所弁護士受任後、異議申立てにより等級が認定される

 
 事前認定での後遺症(後遺障害)等級認定申請が非該当であったために、
金田総合法律事務所の無料相談におこしになり、弁護士がご依頼を受け、異議
申立てを行い、結果併合14級が認定されました。

  以上のくわしい経緯は以下をクリックしてごらんください。

 TFCC損傷、ひざ外側側副靱帯断裂 異議申立てにより非該当から14級が認定されたケース

  ここで、自賠責保険から75万円の支払いを受けました(後遺障害14級認定分)。

 

  • 損害賠償交渉(示談交渉)

 
 TFCC損傷やひざ外側側副靱帯断裂に関し、手首やひざに後遺症(後遺障
害)等級が認定されるほどの可動域の制限(運動の制限)はありませんでした
が、この被害者の方の事例では、さらなる上の等級を求めて裁判等で主張して
いく選択肢も考えられました。
 しかし、被害者の方は、裁判までは望まれていませんでしたので、当法律事
務所弁護士は示談交渉での妥当な解決に向けて活動しました。

  示談交渉の結果、それまで支払い済みの金額を除き、最終で 325万円 
の支払いを受けるという解決ができました。

  上記自賠責からの75万円とあわせて、当法律事務所弁護士加入後400万円
の支払いを受けたことになります。

 

  • ひとこと

 
 最終示談交渉で、休業損害は、当方主張どおりの金額(172万円:千円
以下省略しております。)で合意ができました。弁護士加入前、被害者の方は、
123万円(千円以下省略しております。)の休業損害の支払いを受けておら
れましたが、さらに追加で請求した金額も支払いを受けることになりました。

  当法律事務所無料相談に来られる前の相手任意保険会社からの事前提示額は
64万円(千円単位は四捨五入しております。)でした。後遺症(後遺障害)
非該当のままであきらめていたら300万円以上の賠償金を失うケースでした。
 この被害者の方は、あきらめずに金田法律事務所にご連絡いただきました。
 ご連絡いただき、弁護士も感謝しております。
 被害者の方には今後もお大事にしていただければと思います。

 

14級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

主婦の最新記事

歩行者の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます