後方追突の交通事故 むちうち腰椎捻挫14級 弁護士加入後368万円の支払をうけたケース

  • 後遺障害14級の認定

 
 有職家事従事者の女性の方が被害者でした。車に乗り、信号待ちで停車中、
後方から車に追突されたという交通事故でした。
 当法律事務所弁護士が受任し、後遺障害等級の申し立ても行い、むちうち
などで併合14級が認定されました。

  くわしくは以下をクリックしてごらんください。
  後方追突の交通事故 むちうちなど14級認定事例

 

示談の代理

 
 当法律事務所弁護士は示談交渉も代理しました。
 当法律事務所弁護士が受任後に支払を受けた金額は以下のとおりです。

  相手方任意保険会社から… 293万円
  相手自賠責保険会社から…  75万円
  合計で368万円の支払いを受ける解決ができました。

  上記相手方任意保険会社からの支払いには、傷害慰謝料、後遺障害逸失利益、
後遺障害慰謝料、休業損害という点が含まれています。
 休業損害は、家事従事者の休業損害として交渉しました。

  この被害者の方は、ご自分でお仕事もされており、その休業分の支払が難航
していたこともあって、当法律事務所弁護士がご依頼をお受けすることになり
ました。
 被害者の方は、家族のために家事に従事しておられ、当法律事務所弁護士は、
お仕事の実収入額よりも、交通事故による受傷で家事に支障を来した分の基礎
収入算定額(賃金センサスをもとにした数字です。)の方が大きいことを被害者
の方に説明し、この賃金センサスの数字を前提に交渉し、上記解決に至ることが
できました。

  お仕事をお持ちの家事従事者の方は、交通事故で受傷し、お仕事に支障がでる
とどうしても仕事分の休業損害の方のみに目が行きがちで、家事の休業損害のこ
とを知らないというケースが少なくありません。
 家事の休業損害の見落としを防ぐためにも、お早めに当法律事務所弁護士の法
律相談をお受けいただければと思います。

 

 

14級の最新記事

主婦の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます