上腕骨近位端骨折、頬骨骨折で後遺症併合10級が認定され、弁護士加入後1679万円の支払を受けたケース


後遺症(後遺障害)併合10級認定にいたるまでの経緯

 
 京都にお住まいの50代女性の方が被害者でした。原付バイク乗車中に自家用車に衝突され転倒しました。
 被害者は、一方の上腕骨近位端部分や頬骨を骨折し、入院せざるをえなくなり、その後も、リハビリ通院や抜釘入院をし、症状固定となり後遺障害診断となり、後遺症(後遺障害)は併合10級が認定されました。
 当法律事務所弁護士は、症状固定間近の時期にご依頼をお受けし、病院同行を行ったり、被害者請求での後遺症(後遺障害)等級認定申請を代理しました。

 くわしくは、以下をクリックしてごらんください。
 上腕骨近位端骨折肩関節機能障害、頬骨骨折 併合10級認定事例

 

後遺症(後遺障害)等級認定後の示談交渉

 
 後遺症(後遺障害)等級認定申請では、想定していた等級が認定されたことから、その後、示談交渉(損害賠償交渉)を行いました。この示談交渉も当法律事務所弁護士が代理することになりました。

 示談交渉は、比較的早期に終了しました。
 相手任意保険会社から最終1218万円の支払を受ける合意に至りました(金額は千円以下省略しております。)。
 被害者請求で後遺症(後遺障害)10級が認定された際に自賠責保険会社から支払われた461万円を加えると、弁護士加入後の賠償額は1679万円になります。
 この1679万円を、裁判提起せずに比較的早期に支払を受けることができました。
 これ以外にも、被害者は、弁護士加入前に、労災保険や相手任意保険会社から総額約277万円の休業損害の支給を受けていました。

 後遺障害逸失利益は家事従事者として372万7100円の年収を前提に、症状固定時から67歳まで27%の労働能力を喪失した計算での金額で合意が、後遺障害慰謝料については530万円で合意ができました。

 
当法律事務所弁護士からひとこと

 
 上腕骨近位端骨折は、大きな後遺症を残す可能性があるけがです。治療中から交通事故骨折受傷事案にくわしい弁護士によるサポートを受けていないと、適正な賠償金獲得が難しくなる可能性もあります。

  交通事故で上腕骨近位端骨折を受傷した方は、お早めに当法律事務所にご相談ください。

 

10級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

主婦の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

解決事例の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます