顔に傷が残った外貌醜状12級(30代女性 事業所得者) 当初提示賠償額15万円から最終支払額774万円にアップした事例

外貌醜状後遺症12級認定までの経緯

 
 京都にお住まいの30代女性(事業所得者)の方が被害者でした。
 自転車に乗っておられ、停車していた車の横を通り過ぎようとしたその瞬間に車のドアが開き衝突して転倒し、顔に傷を負いました。

  金田総合法律事務所の無料相談に来られたとき、すでに相手任意保険会社から事前提示額が出ていましたが、最終支払い額は、わずか15万円(1万円未満省略)でした。
 被害者の方は、無料相談まで後遺症(後遺障害)等級認定のことは全くご存じありませんでした。

 そこで、金田総合法律事務所弁護士がご依頼をお受けすることになり、後遺障害等級認定申請を代理し(自賠責保険会社に申請しました。)、下あご(下顎部)に線状痕が残った点で後遺症(後遺障害)等級12級14号が認定されました。
 下顎の疼痛などの症状については12級に含めた評価になっています。

  くわしくは以下をクリックしてごらんください。
  弁護士受任後、外貌醜状12級が認定されたケース(女性)

 

  • 示談交渉

 
 当事務所弁護士は示談交渉も代理しました。
 交渉の結果、最終 550万円 の支払いを受ける合意ができました。
 外貌醜状12級が認定されたことで自賠責保険からすでに 224万円 の支払いを受けており、弁護士受任後、合わせて 774万円 の支払いを受けることになりました。

 
 主な損害について合意できた金額は以下のとおりです。

   傷害慰謝料     72万円 
   後遺障害慰謝料  280万円
  
後遺障害逸失利益 402万円
           
(1万円未満省略)

  ・傷害慰謝料 … 通院はわずか10日あまりでした。通院日数だけ見れば傷害慰謝料は低く見積もられる可能性があるのですが、本件で、被害者の方は日常生活で耐え難い苦痛をし、この点を主張していき、上記金額に至りました。

  
 ・後遺障害逸失利益 … 被害者は美容関係の事業所得者でした。まず、収入上の争点がありましたが、伝票等細かい資料をたくさんそろえて整理し、主張していきました。
 また、外貌醜状について労働能力の喪失について争いとなりました。この点については、美容関係という職業や傷あとが残った部位からして職業に多大な影響が出ていること(具体的にどのよう
な業務にどう支障がでているかまで主張していきました。)、傷あとには痛みも残っており稼働に
支障が生じていることなどの事情を主張していき、上記金額に至りました。

 
 弁護士受任前は提示賠償額が15万円だったものが、弁護士が受任することにより、774万円もの支払いを受けることができました。

 

 
外貌醜状が問題となる場合に大事なこと

 
 傷あとの大きさや面積をはかることはもちろん重要ですが、その傷あとに、痛み、ひきつれなどの症状があるのであれば、治療中から主治医の先生にお伝えいただき、後遺障害診断書に記載していただくことが重要です。
 最後の損害賠償で、逸失利益という損害に関して、痛みやひきつれなどといった症状の存在が重要になる可能性があるからです。

 

 

12級の最新記事

自営業の最新記事

自転車の最新記事

解決事例の最新記事

醜状障害の最新記事

顔面(眼、鼻、口、耳、醜状)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます