交通事故直後の弁護士のアドバイスを参考に、整形外科にきちんと通院され、後遺障害14級が認定されたケース(弁護士費用特約なし)

 
 原付バイクに乗り信号停止していた被害者(30代男性)は、前に停車していた車がいきなり後退してきて、よけきれず、原付バイクもろとも転倒して負傷しました。

  被害者は、頚椎捻挫、腰椎捻挫のほか、肋骨(ろっこつ)骨折などのけがをし、くびの痛み、腕のしびれ、肋骨の痛み、腰の痛み、あしの痛みなどを、この交通事故で発症しました。 

当法律事務所無料相談

 
 事業所得者でもあった被害者は、営んでおられる事業の休業のことが心配になったことや、交通事故で受けたけががどうなっていくのかを不安に感じられ、交通事故後間もない時期に当法律事務所の無料相談にお越しになりました。

 整形外科への通院

 
 被害者は交通事故当日に大きな病院に通院しました。その後の通院先の整形外科医院もすでに決められておられました。その整形外科医院の名前を聞き、弁護士もきちんと見ていただける医療機関であることがわかっていましたので、医師の先生の指示のもと、きちんと通院をされるようアドバイスをしました。
 そして、お聞きした自覚症状をふまえて、弁護士からは、必要な検査(もちろん重要であるMRI検査も含めてです)のこともご説明しました。

当法律事務所弁護士受任・後遺障害等級認定申請

  
 被害者の方には弁護士費用特約がなかったこともあり、最初からご依頼はありませんでしたが、肋骨骨折というけがもあり、何度か継続相談を行いました。 

 被害者の方は最初の弁護士のアドバイスを参考に、きちんと通院を継続され、早期にMRI撮影や必要検査が実施され、ジャクソンテストやスパーリングテストも実施されていました(これらのテストは陽性でした。)。

 整形外科で、投薬の処方、リハビリを継続され、やがて治療が終了となり、これから後遺障害等級認定の段階というときに、被害者の方ご自身では限界を感じられ、当法律事務所弁護士がご依頼をお受けし、後遺障害等級認定申請の代理をしました。

  結果、頚部関係、腰部関係、それぞれ14級9号(併合14級)が認定されました。

  このケースは、交通事故直後から弁護士のアドバイスを受けられ、適切な後遺障害が認定されたケースといえます。
 上記の事例では、いかに事故直後に弁護士の相談をうけることが大事であったかおわかりいただけると思います。

 

 

14級の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

自営業の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます