鎖骨遠位端骨折 肩後遺症10級10号 弁護士受任後1561万円の支払いを受けたケース(弁護士費用特約なし)

 
 自転車に乗っていた被害者(50代女性)は、駐車していた自動車のドアが突然開き、自転車ともに飛ばされ、肩・鎖骨付近を受傷しました(救急搬送先の病院では鎖骨遠位端骨折と診断されました。)。

 弁護士費用特約のないケースでしたが、当法律事務所をご信頼いただき、治療中からご依頼をお受けすることになりました。後遺症等級認定の申し立ては、当法律事務所が代理して行いました。

 結果、肩の後遺症として 後遺障害10級10号 が認定されました。これは、受傷側の肩の可動域が、受傷していない側の1/2以下に制限されたという後遺障害です。もちろん、この被害者の受傷側の肩には非常にきつい痛みが残っているのですが、この痛みも含めて後遺障害10級10号として評価されています。

  肩が上がらないだけではなくて、痛みもあるのであればそれを主張することは被害者の損害賠償請求でも無視できないことであると考えております。

  鎖骨遠位端骨折 肩関節機能後遺障害10級が認定されたケース もごらんください。

 
示談交渉

 
 最終の示談交渉も、当法律事務所弁護士が代理して行うことになりました。最終で1100万円の支払いを受けるという示談解決ができました

休業損害

 被害者は、事情があり交通事故前に勤務先を退職し、交通事故直後に別の勤務先への採用が決まっていたのですが、この交通事故で受傷し、長期間働けなくなりました。
 つまり、この交通事故にあった時点は、ちょうど勤務先に所属しておらず、勤務していない状態でした。つまり、休業損害の交渉が非常に難しくなる可能性がある状況でした。
 しかし、この点について、事故前の給与と事故後に支給されるであろう給与とでは、基本的にはほぼ変わらなかったので、当法律事務所では、この点に関係のある主張を行い、結果、108万円 の休業損害の支払いを受ける合意ができました。

 後遺障害逸失利益

 ほぼ当方の主張どおりの金額(765万円)で合意ができました。

後遺障害慰謝料

 大阪での裁判での目安となる530万円で合意できました。

 

 後遺障害10級認定により自賠責保険から461万円の支払いがありましたので、当法律事務所弁護士受任後 1561万円 の支払いを受けることができました(すでに支払いずみの治療費を除く金額です)。(上記金額は千円以下省略しております。)

10級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

契約社員の最新記事

自転車の最新記事

解決事例の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます