被害者死亡事故(交通事故) 当法律事務所弁護士受任後裁判で6000万円損害賠償金を得たケース


 二輪車と四輪車の衝突事故で二輪車に乗っていた被害者が亡くなりました
(被害者の性別・年齢については省略させていただきます。)。

 この死亡事故に関し、相手方任意保険会社から3400万円の損害賠償金の提示があったところ、この提示金額と内容に疑問を持たれたご遺族の方が当法律事務所の無料相談にお越しになり、当法律事務所弁護士がご依頼をお受けしました。

 弁護士は色々と調査をした後に示談交渉をしましたが合意に至りませんでしたので、裁判を提起しました。
 裁判では、ご遺族の皆様に総額6000万円(弁護士受任前の既払金を除く金額です)が支払われるという内容で和解になりました。

 
 交通事故死亡事故では、亡くなられたご遺族の方の悲しみは、深く、重いものであり、とても一言で言い表せるものではありません。当法律事務所弁護士は、このようなご遺族の方の思いを、裁判を含めた損害賠償請求の中でどのように伝えることができるかということが常に頭から離れず、これを常に意識して弁護活動をしました。

  死亡事故の損害賠償請求では、どういう結論になっても、ご遺族・ご家族の方の悲しみは消えるものではありません。ご依頼をお受けした弁護士の立場からも痛感します。

 死亡事故被害者のために、適正妥当な損害賠償金を得るための弁護活動を行うことはもちろん大前提ですが、損害賠償請求が解決に至るまでのプロセスで、ご遺族・ご家族の方の主張・思いをどのように伝えることができるかも重要だと考えております。
 当法律事務所弁護士は、被害者・ご遺族・ご家族の思い大切にし、ご遺族・ご家族の方が1歩でも前に進んでいただけるようにがんばります。(以上のケースの金額は10万円以下切捨表示しております。)

 

死亡事故の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます