弁護士が後遺症等級申請を代理し、腰椎捻挫・頚椎捻挫併合14級が認定され、375万円の支払いを受けたケース


 ご依頼いただいた被害者は30代男性自営業者の方でした。

 原付バイクで赤信号停車していた際に、前の自動車が後退し、避けることができずに衝突され、バイクとともに転倒し、けがをしたという交通事故に遭いました。

 交通事故後間もなく当法律事務所無料相談をご利用されました。
 けがについては整形外科への通院、MRI検査も実施され、これから後遺障害等級認定を申し立てるという段階で当法律事務所弁護士が受任しました。
 当法律事務所弁護士が代理し、被害者請求で後遺障害等級認定申請を行い、頚椎捻挫・腰椎捻挫で14級が認定されました(併合14級)。

 くわしくは、以下もクリックしてごらんください。

 交通事故直後の弁護士のアドバイスを参考に、整形外科にきちんと通院され、後遺障害14級が認定されたケース(弁護士費用特約なし)

 

  • 損害賠償の交渉(示談交渉)

 
 最終の損害賠償交渉も当法律事務所弁護士が代理して行いました。
 結果上記後遺症(後遺障害)14級認定につき75万円の支払いを受けたことに加えて、相手方から300万円の支払いを受ける合意ができました。

  後遺障害逸失利益については労働能力喪失に関し、5%、5年に基づいた計算による金額で合意ができました。

 傷害慰謝料(入通院慰謝料)についてですが、被害者は本件交通事故で肋骨骨折も受傷しており、しばらくバストバンドで固定していた点も意識して示談交渉をしました。

  交通事故人身損害賠償請求では、見落とされそうな細かい点に気づくことが非常に重要になってきます。

 当法律事務所では、交通事故後遺症(後遺障害)等級が認定されたケースをいくつも解決してきました。このような経験をもとに、細かい点も、しっかり検討し、交通事故で受傷した被害者の救済をがんばっていきます。

 

14級の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

自営業の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます