むちうち14級男性 弁護士受任後早期解決により最終示談交渉により160万円の支払を受けたケース

 
 二輪車乗車中に交通事故に遭った男性自営業者は、頸椎捻挫(むちうち)を受傷しました。
 整形外科に通院し、リハビリや注射の実施、投薬治療も行いましたが症状が改善せず、症状固定となりました。
 この被害者の方は、ご自分で画像や資料をとりそろえ、自賠責保険会社に対し、後遺障害等級認定の申請をされました(被害者請求)。
 その結果、後遺症(後遺障害)14級が認定されました。

  被害者の方は、この後遺症(後遺障害)14級認定により自賠責保険から75万円の支払を受けたほか、休業損害を110万円ほどのほか、通院交通費などの支払いを受けておられました。

 最終の示談交渉の段階になり、当法律事務所弁護士がご依頼をお受けすることになりました。

  被害者の方は、早期に示談で解決することを望んでおられましたので、当法律事務所弁護士は、この被害者のご意向を尊重しつつ、だからといって決して金額的に妥協しない示談交渉にのぞみました。
 結果、最終は160万円の支払を受ける合意で示談が終了しました。

   ・休業損害は追加請求をした金額
 ・後遺障害慰謝料は110万円
   ・労働能力喪失率は賃金センサスを参考に5%、5年の金額
 を前提にして計算した金額で合意に至ったものです。

 
 当法律事務所弁護士がご依頼をお受けしてから1ヶ月未満で解決に至ったケースです。
 また、被害者の方は、きちんと通院されており、非常に詳細な医証(経過の診断書や後遺障害診断書などのことです)が作成されていたケースでもありました。
 ※ 以上の金額は1万円以下省略しております。

14級の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

自営業の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます