むちうち、腰椎捻挫で併合14級、交通事故紛争処理センター利用により、367万円の支払いを受けた事例

ご依頼者:50代男性 会社員 
     普通乗用自動車乗車中に赤信号で停車していた際に、後方から追突
               され、その勢いで、ご依頼者の車もその前車に追突したという事案
     でした。ご依頼者乗車車両は、大破し、廃車になりました。

受傷:むちうち、腰椎捻挫

認定された後遺障害:頚椎、腰椎につき、それぞれ14級9号(局部神経症状残存)
          が認定されました(併合14級になりました。)。

相手任意保険会社からの金額提示:最終支払い213万円の金額提示でした。

当事務所の受任:示談交渉から代理しました。
        示談交渉でも双方金額の開きがあったため、交通事故紛争処
        理センターへ申し立てました。

交通事故紛争処理センターでは:あっせん案を踏まえたうえ、既払金を除いて
               367万円の支払いを受ける合意ができました。

       ※ 後遺障害逸失利益については、喪失期間は5年を前提にした金額に
        なりました。

ひとこと


 このケースでは、MRI画像上の異常所見が細かく指摘されていた事案でした。
 また、ご依頼者の方は、痛みがきつくて症状固定後も自費で整形外科に通院されて
いたり、コルセット装着や湿布を貼り続けていたりという事情がありましたので、
当事務所では、これらの事情も交通事故紛争処理センターで主張立証を行いました。

 交通事故にあい、むちうちや腰椎捻挫を負い、痛みやしびれがあり、後遺障害診断が
問題となった場合には、MRI検査とその所見が本当に重要なんだなあと再認識した
事例です。

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます