頸椎捻挫で局部神経症状14級が認定され、賠償額が124万円から332万円にアップした事例

被害者:30代女性
職業:有職者でもありましたが、家事従事者でもありました
傷病名:頚椎捻挫(むちうち)
事故状況:被害者、相手ともに四輪車でした。
     弁護士受任前に、頸部由来の症状について後遺障害14級9号
     (局部に神経症状を残すもの)が認定されていました。
     被害者ご本人が異議申し立てまでされて14級が認定されたケースです。

弁護士受任前の相手保険会社の提示額

124万円 でした。
(既払い額を除く最終支払い金額です。1万円未満は省略いたします。)

当事務所弁護士受任後…

示談交渉の結果、既払金を除く最終支払いが332万円(1万円未満は省略いたします。)
で解決することができました。

ポイント

弁護士受任前の提示では、家事従事者の休業損害が考慮されていませんでした
また、慰謝料や後遺障害の損害の提示も低いものでした

交通事故で受傷し、家事労働ができなかった場合には、家事従事者の休業損害が認められることは、最高裁判所も認めるところです。

示談交渉段階で当事務所弁護士が加入した結果、最終支払金額が2.5倍以上も増額して解決することができました。

当事務所が解決したことで、今でも後遺症(後遺障害)に悩まされている被害者の方の一助となれば、という思いです。

14級の最新記事

主婦の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます