鎖骨骨折 神経症状 後遺障害等級14級 合計約315万円の支払いを受けた事例

依頼者:事故時30代女性(会社員)
事故状況:四輪車と四輪車が衝突した事故でした。
     依頼者の方は一方車両の後部座席に乗車されていました。
傷病名:鎖骨遠位端骨折ほか
    (鎖骨骨折については手術が実施されていました。)

当事務所弁護士受任後…

依頼者の方は、病院から後遺障害診断書を記載してもらい、これから保険会社に提出しようかという段階で、当事務所に相談に来られました。
当事務所がご依頼をお受けし、依頼者の方と同行のうえ、一度主治医の先生と面談をし、依頼者の方に残存した症状を確認しました。また、医証も取り寄せました

後遺障害等級認定申請

当事務所が、自賠責保険会社に対する認定申請の代理をしました。
本件は、共同不法行為が成立する可能性があった事案でしたので、各四輪車加入自賠責保険会社に申請しました。結局、合計2本申請しました。

等級認定結果

12級5号(鎖骨変形)は認められませんでしたが、骨折に伴う肩鎖骨部の痛みについては、
14級9
号(局部に神経症状を残すもの)が認定されました

相手任意保険会社との示談交渉

最終支払額約165万円(1万円未満の数字は省略いたします。
治療費及び休業損害を除いた金額です)で解決ができました。

自賠責に対し後遺障害等級認定申請を2本していた分があり、14級が認定されたことで、それぞれの自賠責保険会社から75万円ずつ、合計150万円の支払いがありましたので、あわせて315万円の支払いを受けることになりました。

ポイント

後遺障害逸失利益のうち、労働能力喪失期間については、骨折後の症状や神経症状が及ぼす職務上の影響について詳細な主張とすることで、7年での計算に基づく金額で解決することができました

14級の最新記事

その他(胸腹部臓器、外貌以外の醜状、鎖骨など)の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます