交通事故の損害賠償請求・実現の方法

 交通事故人身の損害賠償はどうやって請求するのか?

 
 交通事故でけがをし、治療を経て、後遺症認定の問題が終了したら(治ゆ
すれば後遺症の問題が出てこなくなりますが)、損害賠償額の計算が可能な
状況になります。 

この交通事故損害賠償を請求する方法ですが、以下、3つを説明します。

1、示談交渉(損害賠償の交渉)

 
 ※ 以下、加害者が任意保険をかけていて、この保険会社担当者が窓口に
  なっている場合をかんたんに説明します。

  被害者が任意保険会社と損害賠償金額について話し合いを行うものです。
 ある金額での支払いに双方が合意できれば、書面を交わして話し合いが
終わります。後日、損害賠償金の支払いがなされることになります。

 
 ●示談での損害賠償請求は被害者、保険会社のどちらからするの?

   損害賠償請求とは、本来、被害者側が、損害賠償額を計算して、加害者
 側に請求するものです。
  しかし、被害者ご本人は、損害賠償の計算など知らない方がほとんどだと
 思います。ですから、被害者本人が交渉する場合、保険会社担当者が計算して
 被害者に損害賠償金額の提示がなされることが通常です。

  ※ 金田総合法律事務所では、示談交渉より前にご依頼を受けていた場合、
   損害賠償額を計算して相手保険会社に請求しております。

 示談交渉(損害賠償の交渉)がまとまらないときは 

2、交通事故紛争処理センターを利用(和解あっせん・審査)

 
 申し立てる方の住所地又は事故発生地が管轄となり、関西地区は大阪支部が
管轄になります。
 細かい説明は以下をクリックしてください。

  ※交通事故紛争処理センターを利用した損害賠償の解決

 

3、民事裁判(訴訟)を利用

 
 判決、和解、による解決となります。
 これも、細かい説明はまたの機会にいたします。

 

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます