Q1 交通事故紛争処理センターとはどのようなところですか。


Q1 交通事故紛争処理センターとはどのようなところですか。


 A
 交通事故紛争処理センターは和解のあっせんをするところです。
     
それだけでなく、あっせんができないと、センターの中で審査手続に移り
 (必ず審査手続に行くとは限りません。)、センターの審査会が最終損害賠償
  金額(裁定)を出します。申立人(被害者)は、この裁定金額に応じるか否か
  を回答することができ、申立人が応じれば、センターと協定を結んでいる相手
  保険会社は裁定金額に応じることになるという手続があるところです。

  以下、通常の流れの概略を述べますが、以下とは異なる流れになることもあり
 ます点ご留意ください。

  人身損害賠償事件で、被害者の方が弁護士に依頼されている場合に限定して
 申し上げます。

  1)被害者代理人弁護士がセンターに連絡し(「申立人」といいます。)、相手
  方任意保険会社(相手方も弁護士に依頼している場合にはその弁護士が)と、
  センターに訪れる日時(センターが空いていると言った日時です。)を調整し、
  日時を決定します。

                 

  •    2)その訪れる日時までに、申立人は、損害賠償請求のための資料(主張を記載
        した書面と証拠のことです。)をセンターに提出します。

    ※第1回の訪れる日時は、センターに連絡してから概ね1ヶ月くらいです
    が、各関係者の予定やセンターの事件の混み具合もあり、それより早く
    入ったり、期間が空いたりします。

                 

  •    3)第1回目の訪れる日時からは、和解あっせんの手続が始まります。
         センターの各部屋には、各事件の担当となる弁護士(センターから委託を受
        けた弁護士です)が入室しています(この方は中立的な立場に立つ人です。)
        ので、その部屋に申立人側、相手方側が交互に入ります。

    センター担当弁護士が和解あっせん案を出すのに主張や資料を補充する必要
   がある場合には申立人や相手方が補充をします。

    ※その間、1日で終わらなければ、次回、次々回とセンターに訪れること
     になります(次の回までの間隔は、当事務所弁護士の経験上で申し上げ
     ます。)少なくとも1ヶ月は空くことになります(それ以上に空くこと
     も少なくありません。)。

                 

  •    4)主張や資料の提出が尽くされれば、センター担当弁護士から、和解あっせん案
       (損害賠償金額の案です。)が出されます。

                 

  •    5)この和解あっせん案を双方が承諾すれば、そこで和解成立になり、損害賠償事
        件が終了します(後に損害賠償金の支払いがありますが。)。

    この和解あっせん案を踏まえた更なるやりとりもありますが、結局、いずれか
   片方が承諾しなかった場合、審査請求が希望され、それが受理されると審査請求
   に移行します。

                 ↓

  •    6)審査請求では、センターの審査会が裁定(損害賠償金額を出すこと)し、その
        裁定を申立人が同意すれば、センターと協定を結んでいる相手保険会社は裁定を
        尊重することになり、そこで終了ですし、申立人が同意しないとしてもそこで終了
        するという手続です(この場合は、訴訟することになると思われます。)。
         申立人が同意するかしないかを回答する期限は定められます。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます