Q2 利用する場合、どこに申し立てたらいいのですか。


Q2 利用する場合、どこに申し立てたらいいのですか。

 A 交通事故紛争処理センターは、東京本部、大阪支部をはじめとして、全国に
   11カ所あります。ただ、どこに申し立ててもいいというものではなく、管轄が
  あります。
   原則として申立人の住所地又は事故発生場所を管轄するセンターに申し立てる
  ことになります。

   近畿2府6県は、大阪支部が管轄になります。
   たとえば、被害者の方が京都府京丹後市にお住まいで、そこで事故にあわれた
  ものの損害賠償交渉が進まない場合に、被害者本人が申し立てることにより交通
  事故紛争処理センターを利用されるとしても、大阪支部に申し立てて、大阪支部
  に出向かなければなりません。

   当事務所では、ご依頼をお受けした事案で、大阪の交通事故紛争処理センター
  を利用することがあります。(大阪管轄の話とします。)当事務所が代理した場
  合、基本的には当事務所弁護士が大阪市内に出向きますところ(最寄りの駅が北
  浜駅又は淀屋橋駅になります。)、当事務所の所在地である京都市の四条烏丸か
  らの交通の便は良く、助かっています。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます