弁護士費用特約を見落としていないでしょうか?

弁護士費用特約


 交通事故にあわれた被害者の方が、保険会社(任意保険)と契約をし、弁護士
費用特約も契約されていた場合、その事故で弁護士費用特約が使える可能性があ
ります(特約の適用があるのかどうかは、保険約款を確認したり、その保険会社
に問い合わせることになります。)。

 被害者の方が弁護士に依頼されるかどうかで一番心配になるのが弁護士費用の
ことだと思います。

 

弁護士費用特約は自分がかけていなくても適用される場合がある。


 「弁護士費用特約って、自分が保険をかけていないと適用がない…」

 と思い込んでおられる方も少なくないものと思います。しかし、自分自身が任意
保険をかけていない、弁護士費用特約に入っていないからといっても、以下のよう
なケースがあります。

  • ご主人がかけていた保険に弁護士費用特約があったので奥様にも適用できた。
  • 事故の被害にあわれた未婚のお子様につき、実家の親御様が任意保険の弁護士
    費用特約をかけていたのでお子様にも適用できた。

 被害者ご本人が保険をかけていない、弁護士費用特約の適用がないとしても、

  • 同居のご親族
  • 別居の未婚の子

 として、弁護費用特約の適用がある可能性があります。

 ですから、ご家族に任意保険をかけておられる方がいるのかどうか、その方に
弁護士費用特約が付保されているのかどうか、その付保が自身にも適用があるのか
どうかを確認することが大事です。

 実際にも、当事務所弁護士がアドバイスをしたことにより、自身に弁護士費用特約
が付保されていなくても、同居のご親族がかけておられたり、未婚の方でご実家の親御
さんがかけておられたことにより、被害者ご本人にも適用できたケースはありますし、
このようなケースは思った以上に多いという印象です。

 

こんなケースもありました


 事故にあったときには保険契約していて弁護士費用特約も入っていたが、その後、
保険を解約してしまったというケースでも、契約中の事故だったために、その弁護
士費用特約が適用できたというケースもあります。

 現在は保険に入っていないが、事故時には保険に入っていた

 という場合も、その保険に弁護士費用特約があったのかどうか、あったとしてその
事故に適用があるかどうかを確認するべきです。

 詳しくは当事務所にご相談ください。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます