後遺障害(後遺症)とは

後遺障害(後遺症)とは?

かんたんには…

治療を継続して行ったのに、将来的に回復困難な、残存した症状のことをいいます。

※ このサイトでは、特にことわりのないかぎり、「後遺症」と「後遺障害」とを同様の意味で使用しております。

  _MG_7682

 

1級から14級までの等級の問題として、損害賠償に影響する「後遺障害」とは?

上記のほか、

・医学的に認められるものであること
・当該交通事故が原因であること
・法令に書いてある等級に該当するものであること
(ただし、相当等級というものがあります。)
・労働能力の喪失をともなうもの

などという要件があります。
  
ですから、症状が残っても、
後遺障害等級として認定されるかどうかという問題が、まだあるのです。

後遺障害等級認定で重要なこと!

後遺障害等級認定は、原則、資料をもとに審査することになります。

1級から14級まである自賠責後遺障害等級認定は、
損害保険料率算出機構 
で実質的な検討・判断がされています(例外がありますが、ここでは省略いたします。)。

損害保険料率算出機構は、

  後遺障害診断書などの書類
  画像(MRI、CT、レントゲンなど)

などの資料をもとにして、検討、判断をしていきます。
この等級認定手続で、被害者が医師と会ったりしません(醜状障害が問題となる場合には、この機構での面談があり得ます。)。

このように、被害者との面談がないため、資料の内容が重要となります。
特に、

 後遺障害診断書の記載内容
 画像所見

が非常に重要になってきます。

そして、これらの資料は医学的資料です。
ですから、医師の先生が診断・実施し、また、作成されるものです。

医師の先生が異常所見をもれなく把握され、診断書等にその異常所見をご記載いただくことが理想です。

しかし、被害者の方(患者さん)が、自覚症状など医師に伝え忘れるケースもあります。
また、医師の先生は、ご多忙のうえ、そもそも、患者さんの症状が改善に向かうための治療を本分とされています(当事務所弁護士も、病院・医院におうかがいする中で、医師の先生方みなさまが日常の臨床医療で本当に苦労なされていることを感じております。)。

このようなことなどのため、そうそう理想どおりにいくものではありません


後遺障害等級が問題となるケースは、交通事故案件を数多く取り扱っている弁護士に早期の相談を!

症状に見合った後遺障害(後遺症)等級認定に少しでも近づくには、
交通事故案件を数多く取り扱っている弁護士に早期の相談を受けることをおすすめいたします。


当事務所では

事故直後通院中からご相談をお受けし、
  
実際にある自覚症状がきちんと伝えられているか
必要な検査(MRI、神経学的検査など)
   
などについて、ご説明いたします。
その他、当事務所の特徴については、本サイトのトップページをごらんください。

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます