後遺障害が残った場合の損害


 交通事故の被害にあい、治療が終わった後も完全な治癒には至らず、後遺障害
が残る場合があります。
 後遺障害の認定には、まず医師の診断を受け後遺障害診断書を作成して
もらう必要があります。

 この後遺障害診断書の内容が重要な要素となり、被害者の症状が後遺障害別等級表
の何級に該当するのかが判断されます。

 後遺障害診断書を作成してもらう際、被害者の方は、自分の自覚症状を事細かに
もれなく書いてもらう必要があります
 また、異常所見がある場合、それも記載してもらう必要があります
(もちろん、他覚症状が自覚症状に対応したものとなっていなければなりません。)
 後遺障害診断を受ける段階にある被害者の方で、ご不明な点があれば、当事務所に
ご相談ください。

後遺障害等級には、1級から14級までがあります。
しかし、最終的に重要なのは、

 ・労働能力がどの程度喪失し
 ・労働能力喪失期間がどのくらいになるのかということです。 

 

後遺障害の損害費目について

ここでは、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の2つをあげます。  

後遺障害逸失利益

 後遺障害が残り、将来的に労働能力が低下することによる収入の減少を
いいます(原則、中間利息を控除します。)。
 基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応する係数で計算します。
 詳しい計算方法については、当事務所にご相談ください。  

後遺障害慰謝料

 後遺障害が残ったことにより、精神的苦痛をこうむったことによる損害
いいます。後遺障害の等級に応じた基準があります。
 詳しくは、当事務所にご相談ください。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます