死亡事故の損害


 交通事故により死亡した場合、遺族からの葬儀費、死亡による逸失利益、
慰謝料(遺族固有の慰謝料も問題となり得ます。)等の請求が問題となります。

 被害者が即死ではなく治療を受けたあとに亡くなった場合、被害者が死亡
するまでにかかった医療関係費や休業損害、入通院慰謝料等も問題となります。 
 

葬儀費

 判例を見ると、150万円程度認めているものが目につきますが、各事件の
内容(過失割合も問題となります。)によって異なり得ます。  

死亡による逸失利益

 被害者が生きていれば得られるはずであった将来の収入を損害として請求します。
 しかし後遺障害逸失利益とは異なり生活費が控除されます。

 生活費の控除率は一般的に、一家の支柱であれば30~40%、女性であれば30~40%、
男性単身者であれば50%が目安となります。

 計算式:基礎収入×(1-生活費控除率)×就労可能年数に応じた係数  

死亡慰謝料

 亡くなった被害者の方が一家の支柱であったか否かで金額的な目安が違います。
 詳細については当事務所にご相談ください。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます