会社員

くび腰の痛み異議申立で後遺障害併合14級認定 請求額どおりの示談解決

被害者、事故状況、受傷  京都市にお住まいの給与所得者で、交通事故時40代男性の方が被害者でした。 被害者は、夜に信号のない横断歩道上を歩行していたところ、右折してきた四輪車にはねられ、転倒しました。 被害者は近くの病院に救急搬送されました。幸い、被害者は、頭部や脳に異常はなく、骨折や脱臼もありませんでしたが、くび、肩、腰、手首や膝の捻挫・打撲を受傷しました。 入院まではしなかったのですが
続きを読む >>

後遺障害13級 脾臓(ひぞう)の障害 解決事例

概要 被害者(症状固定時20代男性)は、バイクに乗車中、トラックに衝突され、転倒し負傷しました。被害者は救急搬送され、入院することになりました。被害者は、脾(ひ)損傷、上腕骨小頭骨折などを受傷しました。 ●脾臓(ひぞう)とはおなかの上の方の左、胃の裏にある臓器です。脾臓は、古くなった赤血球を壊して取り除いたり、血小板を貯めたり、免疫機能などの働きがあります。 もし、脾臓を失ってしまうと、感染を
続きを読む >>

肩腱板損傷後遺障害12級弁護士加入後1458万円で解決したケース

交通事故 受傷 初診 バイクに乗っていた40代男性のVさん(給与所得者)は、四輪車との交通事故にあい、転倒したときに肩を打ち、受傷しました。 Vさんは、受傷側の肩に強烈な痛みを感じ、受傷側の腕が上がらないばかりか、それ以外の方向の動きも十分ではありませんでした。土曜日の夕方に遭った交通事故だったこともあり、Vさんは、翌々日の月曜日に医療機関に通院されました。 その後の治療状況(肩の手
続きを読む >>

むちうち 交通事故後しばらくは週1回程度の通院も、後遺障害14級が認定され、既払い治療費を除き319万円の支払いを受けたケース

交通事故の状況 京都市にお住まいのVさん(30代男性会社員)が被害者です。Vさんは、自家用車を運転し、赤信号で停車していたとき、その2台後ろの車の運転手が居眠りのままノーブレーキで、その前の車(この車もVさんの車のすぐ後ろで赤信号停車していました。)に追突し、その車がVさんの車の後ろに追突しました。いわゆる玉突き事故です。 Vさんの車は加害者の車両の2台前でしたが、この玉突き交
続きを読む >>

外傷性頚部症候群 治療費打ち切り通告後弁護士が受任し後遺障害14級が認定され317万円の支払いを受けたケース

交通事故状況  30代会社員の被害者Vさん(男性)は、停まっていたタクシーの左横を自転車で通過しようとしたら、突然タクシーのドアが開き、ドアが自転車に衝突しました。Vさんは自転車とともに転倒しました。  ●本件では被害者の過失はゼロです このタクシーは、停車中ハザードはつけていませんでした。その他、特にドアが開くことを予期させるような事情もなく、Vさんの自転車がドア付近まで来た
続きを読む >>

頚部痛、頭痛、腰部痛など後遺障害14級認定 治療費を除き500万円弱の支払いを受けたケース

 本件は、赤信号で停車していた自動車が、別の自動車によって後方から追突され、停車自動車の運転者(被害者)が受傷したというケースです。 追突した自動車の前の角は大破し、追突された自動車の後方の角もへこみと割れが生じた事故でした(被害者は事故直後、事故現場で写真をとりました。)。  被害者には、頚部痛、腰部痛、頭痛などの症状(手のしびれや握力低下といった症状もありました)が生じ、交通事故翌日に整形外
続きを読む >>

交通事故 脳挫傷 弁護士受任後後遺障害等級12級13号が認定されたケース

交通事故発生、入院、通院状況   被害者は自転車、相手方は乗用車で、交差点の直進同士で衝突した事故でした。被害者は自転車とともに転倒し、頭部や腰などを強打し、病院に救急搬送されました。  被害者は左側頭骨骨折、左腸骨骨折、外傷性くも膜下出血、気脳症のほか、脾損傷(ひ臓の損傷です)と診断されました。   ※ 腸骨(ちょうこつ)とは、骨盤の骨の一部です。  後の診断書で判明した
続きを読む >>

交通事故PTSD後遺障害14級560万円の支払いを受けたケース

※以下、当法律事務所弁護士が実際に交通事故発生直後からご依頼をお受けし、解決したケースをご依頼者(被害者)様のご承諾を得て掲載させていただきます。ただし、事案によって同様の結論になるとは限りませんので、この点ご了承のうえでごらんいただければと思います。 当事者、交通事故状況   被害者(40代、男性、会社員)は、運転している四輪車を赤信号で停車させていました。そこへ、後方から四
続きを読む >>

自動車が停車していた原付バイクに追突し受傷したケース(併合14級 弁護士受任後355万円の支払いを受けました)

 30代男性会社員の方が被害者でした。 原付バイクに乗り、停車中、後方から自動車に追突され、被害者はバイクとともに転倒しました(交通事故状況)。   この交通事故で被害者は救急搬送されました。幸い、頭部に異常はなく、骨折もありませんでしたが、頭痛、くびの痛み、腰の痛みがきつく、整形外科に通院され、投薬を受け、リハビリを継続されていました。  しかし、被害者の方は、交通事故からかなりの期間経過し
続きを読む >>

3台玉突き事故の先頭車で受傷された方のケース 後遺障害14級 弁護士受任後389万円の支払いを受けました。

交通事故発生状況、被害者  京都市にお住まいのAさん(30代、男性、会社員)は、自家用車の助手席に乗っていました。車は国道で赤信号停車していました。  Aさんが乗車していた車両に続き、乗用車が1台停車しましたが、その乗用車の後ろを時速約40キロメートルの速度で走行していた中型貨物自動車が前方不注意で進行しました。中型貨物自動車は、直前で急ブレーキも間に合わず、Aさんの後ろの乗用車に追突してこの車
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます