歩行者

くび腰の痛み異議申立で後遺障害併合14級認定 請求額どおりの示談解決

被害者、事故状況、受傷  京都市にお住まいの給与所得者で、交通事故時40代男性の方が被害者でした。 被害者は、夜に信号のない横断歩道上を歩行していたところ、右折してきた四輪車にはねられ、転倒しました。 被害者は近くの病院に救急搬送されました。幸い、被害者は、頭部や脳に異常はなく、骨折や脱臼もありませんでしたが、くび、肩、腰、手首や膝の捻挫・打撲を受傷しました。 入院まではしなかったのですが
続きを読む >>

交通事故後4か月弱での治療費打ち切りがあったもののむちうち後遺障害14級が認定されたケース

交通事故の発生、受傷   被害者は、50代男性自営業者の方でした。歩行中に止まってまわりを見ていたときに自家用車にはね上げられ、車のフロントに顔やあごがぶつかり、体が地面に転倒しました。 被害者はすぐ病院に行きました。幸い、頭部には異常がありませんでしたが、くびの痛み(頚椎捻挫)、手のしびれのほか、歯を受傷しました。   弁護士受任前の状況   被
続きを読む >>

80代女性 大腿骨頚部骨折 後遺障害加重6級 1201万円を獲得

交通事故、受傷  本件事故の被害者(80代女性家事従事者)は、歩行中、後退してきた自家用車に衝突され転倒するという交通事故にあいました。 この交通事故により、被害者は左大腿骨頚部骨折を受傷し、病院に救急搬送され、長期入院をすることになりました。※大腿骨頚部(だいたいこつけいぶ)とは、股関節とひざとの間にある骨(大腿骨)のうち、股関節に近いはしの部分のことをいいます。   大腿骨頚部
続きを読む >>

TFCC損傷 ひざ外側側副靱帯断裂 弁護士加入後400万円の支払いを受けたケース

事故状況、被害者   被害者:30代女性(有職家事従事者)     歩行中、自動車にはねられるという交通事故にあいました。   金田総合法律事務所弁護士受任後、異議申立てにより等級が認定される   事前認定での後遺症(後遺障害)等級認定申請が非該当であったために、金田総合法律事務所の無料相談におこしになり、弁護士がご依頼を受け、異議申立てを行い、結
続きを読む >>

TFCC損傷、ひざ外側側副靱帯断裂 異議申立てにより非該当から14級が認定されたケース

被害者、交通事故発生状況、受傷   被害者(30代女性)は、横断歩道を歩行中、四輪車にはねられて転倒するという交通事故にあいました。 この交通事故で、被害者は、一方の手関節付近とひざなどを受傷し、病院に救急搬送されました。主な症状は、手関節痛とひざ関節痛でした。 その後、ひざや手のMRI検査の実施や転院先の整形外科医院でリハビリ継続といった治療経過があり、症状固定となり、後遺症(後遺障害)診断と
続きを読む >>

20代女性 手関節打撲、頸椎捻挫 併合14級 合計287万円の支払いを受けた事例

事故内容 被害者は歩行者、相手は二輪車、二輪車が歩行者に衝突した事故でした(詳細は受傷態様については控えさせていただきます。)。被害者は会社員の20代女性でした。 症状 被害者は、頸椎捻挫、手関節打撲などのけがを負いました。被害者の方は、頚部、肩、前腕に痛みやしびれ(具体的な内容は控えさせていただきます。)、手関節の痛みなどがする状態がつづきました。 当事務所弁護士の受任 被害者は症状固
続きを読む >>

後遺障害等級認定12級(顔・外貌醜状)賠償額が約115万円から411万円へアップした事例

被害者:事故当時小学校入学前の男子傷病名:頭部裂傷後瘢痕事故状況:被害者は歩行、相手は自転車でした。後遺障害等級:等級12級(額部分の外貌醜状)  ●相手方当初提示額…約115万円(1万円未満の端数は省略させていただきます。)                ↓当事務所がご相談をお受けし、受任   ↓示談交渉の結果最終支払金額約 411万円(1万円未満の端数は省略させていただきます。)で解決しまし
続きを読む >>

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます