部位別後遺障害

肩腱板損傷 肩関節可動域制限 後遺障害12級 弁護士加入後 1458万円の支払いを受けたケース

交通事故 受傷 初診 バイクに乗っていた40代男性のVさん(給与所得者)は、四輪車との交通事故にあい、転倒したときに肩を打ち、受傷しました。 Vさんは、受傷側の肩に強烈な痛みを感じ、受傷側の腕が上がらないばかりか、それ以外の方向の動きも十分ではありませんでした。土曜日の夕方に遭った交通事故だったこともあり、Vさんは、翌々日の月曜日に医療機関に通院されました。 その後の治療状況(肩の手
続きを読む >>

むちうち 交通事故後しばらくは週1回程度の通院も、後遺障害14級が認定され、既払い治療費を除き319万円の支払いを受けたケース

交通事故の状況 京都市にお住まいのVさん(30代男性会社員)が被害者です。Vさんは、自家用車を運転し、赤信号で停車していたとき、その2台後ろの車の運転手が居眠りのままノーブレーキで、その前の車(この車もVさんの車のすぐ後ろで赤信号停車していました。)に追突し、その車がVさんの車の後ろに追突しました。いわゆる玉突き事故です。 Vさんの車は加害者の車両の2台前でしたが、この玉突き交
続きを読む >>

外傷性頚部症候群 治療費打ち切り通告後弁護士が受任し後遺障害14級が認定され317万円の支払いを受けたケース

交通事故状況  30代会社員の被害者Vさん(男性)は、停まっていたタクシーの左横を自転車で通過しようとしたら、突然タクシーのドアが開き、ドアが自転車に衝突しました。Vさんは自転車とともに転倒しました。  ●本件では被害者の過失はゼロです このタクシーは、停車中ハザードはつけていませんでした。その他、特にドアが開くことを予期させるような事情もなく、Vさんの自転車がドア付近まで来た
続きを読む >>

頚部痛、頭痛、腰部痛など後遺障害14級認定 治療費を除き500万円弱の支払いを受けたケース

 本件は、赤信号で停車していた自動車が、別の自動車によって後方から追突され、停車自動車の運転者(被害者)が受傷したというケースです。 追突した自動車の前の角は大破し、追突された自動車の後方の角もへこみと割れが生じた事故でした(被害者は事故直後、事故現場で写真をとりました。)。  被害者には、頚部痛、腰部痛、頭痛などの症状(手のしびれや握力低下といった症状もありました)が生じ、交通事故翌日に整形外
続きを読む >>

交通事故 脳挫傷 弁護士受任後後遺障害等級12級13号が認定されたケース

交通事故発生、入院、通院状況   被害者は自転車、相手方は乗用車で、交差点の直進同士で衝突した事故でした。被害者は自転車とともに転倒し、頭部や腰などを強打し、病院に救急搬送されました。  被害者は左側頭骨骨折、左腸骨骨折、外傷性くも膜下出血、気脳症のほか、脾損傷(ひ臓の損傷です)と診断されました。   ※ 腸骨(ちょうこつ)とは、骨盤の骨の一部です。  後の診断書で判明した
続きを読む >>

60代後半女性家事従事者 事故後5ヶ月弱で治療費の打ち切りがあるも後遺障害14級が認定され弁護士加入後323万円の支払いを受けたケース

※ 以下の金額は1万円未満省略しています。 受傷状況   被害者は、京都市にお住まいの60代女性の方でした。 自家用車に乗っていた被害者は、横断歩道を渡ろうとする自転車が見えたので、その手前で停車したところ、後ろから四輪車に追突されたという交通事故でした。  この交通事故により、被害者は、頭痛、頚部痛、腰部痛、肩の痛みや手のしびれを発症しました。  被害者の車は損傷し、修理
続きを読む >>

70代男性年金受給者 第8胸椎椎体骨折 後遺障害11級認定 治療費を除き466万の支払を受けたケース

交通事故の状況   被害者(70代男性年金受給者)が自転車に乗りそれほど道幅が広くない道路(交差点以外の場所でした)を横断していたとき、道路を直進していたバイクが自転車に衝突しました。   第8胸椎椎体骨折の受傷、入院、通院状況   このような交通事故により、被害者は自転車もろとも倒れ、病院に救急搬送されました。 被害者は、この交通事故後、頭痛や頚部痛もきつかった
続きを読む >>

交通事故後4か月弱での治療費打ち切りがあったもののむちうち後遺障害14級が認定されたケース

交通事故の発生、受傷   被害者は、50代男性自営業者の方でした。歩行中に止まってまわりを見ていたときに自家用車にはね上げられ、車のフロントに顔やあごがぶつかり、体が地面に転倒しました。 被害者はすぐ病院に行きました。幸い、頭部には異常がありませんでしたが、くびの痛み(頚椎捻挫)、手のしびれのほか、歯を受傷しました。   弁護士受任前の状況   被
続きを読む >>

80代女性 大腿骨頚部骨折 既存障害9級の加重障害として後遺障害併合6級が認定され弁護士受任後1201万円の支払を受けたケース

交通事故、受傷  本件事故の被害者(80代女性家事従事者)は、歩行中、後退してきた自家用車に衝突され転倒するという交通事故にあいました。 この交通事故により、被害者は左大腿骨頚部骨折を受傷し、病院に救急搬送され、長期入院をすることになりました。※大腿骨頚部(だいたいこつけいぶ)とは、股関節とひざとの間にある骨(大腿骨)のうち、股関節に近いはしの部分のことをいいます。   大腿骨頚部
続きを読む >>

交通事故 PTSD非器質性精神障害 後遺障害併合14級 弁護士加入後560万円の支払いを受けたケース

※以下、当法律事務所弁護士が実際に交通事故発生直後からご依頼をお受けし、解決したケースをご依頼者(被害者)様のご承諾を得て掲載させていただきます。ただし、事案によって同様の結論になるとは限りませんので、この点ご了承のうえでごらんいただければと思います。 当事者、交通事故状況   被害者(40代、男性、会社員)は、運転している四輪車を赤信号で停車させていました。そこへ、後方から四
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます