13級

後遺障害13級 脾臓(ひぞう)の障害 解決事例

概要 被害者(症状固定時20代男性)は、バイクに乗車中、トラックに衝突され、転倒し負傷しました。被害者は救急搬送され、入院することになりました。被害者は、脾(ひ)損傷、上腕骨小頭骨折などを受傷しました。 ●脾臓(ひぞう)とはおなかの上の方の左、胃の裏にある臓器です。脾臓は、古くなった赤血球を壊して取り除いたり、血小板を貯めたり、免疫機能などの働きがあります。 もし、脾臓を失ってしまうと、感染を
続きを読む >>

後遺障害等級認定13級(大腿骨頚部骨折・下肢短縮、局部神経症状)賠償額が382万円で解決した事例

  女性:50代 職業:有職の兼業主婦 傷病名:右大腿骨頚部骨折 事故状況:被害者、相手ともに自転車でした。 後遺症等級:併合13級      (下肢の短縮傷害が13級、骨折部位の神経症状が14級)       ※ 上記等級認定は労災です。       ※ 骨折部位である股関節には等級認定要件をみたすほどの         可動域制限はありませんでした。       ※ 当事務所弁護士は、症状固定
続きを読む >>

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます