30代男性腰椎捻挫 医院同行 異議申立てにより12級が認定されたケース


 事前認定で腰部につき後遺症(後遺障害)等級14級が認定されたが、受傷
部位の痛みやしびれがきついこともあり、その等級認定結果に疑問があるとい
う被害者の方(30代男性)からご依頼をお受けしました。

  被害者の方の自覚症状の様子、程度などをお聞きし、各検査所見を見ると、
12級が認定される可能性があると当事務所弁護士は考え、異議申立手続をす
ることになりました。

  被害者の方と主治医の先生の整形外科医院に同行し、症状経過、各検査所見
が継続かつ一貫して存在するのかどうかに関する書面の発行をしていただけるこ
とになりました。被害者の方には腰部や下肢などの症状が一貫して存在し、各検
査も異常所見が継続かつ一貫して存在しており、その旨の書面が発行されました。

 

  • 後遺症(後遺障害)異議申立結果

 
 腰椎(一方の下肢も)関係で後遺症(後遺障害)は神経症状の等級である
12級13号が認定されました。

 

  • 当事務所弁護士からひとこと

 
 このケースは、MRI画像で受傷部位に新鮮なヘルニアと考えて矛盾しない異
常所見があることを放射線科診断専門医の先生が指摘されたケースでしたが、主
治医の先生が通院中にもきちんと神経学的検査を実施されており、検査上の異常が
一貫かつ継続して存在していたことも非常に大きかったと思います。

  検査上の異常所見がどうなのか自体把握されている被害者の方は極めて少ない
といえます。だとすれば、ご依頼をお受けした弁護士が、検査所見がどうなってい
るのかをしっかり把握する必要があるといえます。
 上位等級への変更に医院への同行が少しは役にたったかなと思います。

  この事案は、最終の損害賠償金の支払いに関しても当事務所が代理し、示談交渉
で満足できる解決ができました。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます