肩鎖関節脱臼(鎖骨変形障害、肩関節機能障害)後遺症等級(後遺障害)併合11級 弁護士加入後損害賠償金など1438万円の支払いを受けたケース

※  以下、金額は1万円未満を省略しております。

 
後遺症(後遺障害)併合11級が認定されるまので道のり

 
 以下をクリックしてごらんください。

 肩鎖関節脱臼 鎖骨変形、肩関節機能障害等で最終的に併合11級が認定されたケース

 

  • 示談交渉の結果

 
 当事務所が示談交渉の代理をしました。
 最終支払損害賠償額972万円で合意ができました(これは、既に支払われて
いた治療費と休業損害の一部を除いた金額です。)。

  自賠責保険で最終的に後遺症(後遺障害)等級併合11級が認定されたことに
より、309万円の支払いがありました(労災からも支給があったために、支給調
整がなされました。)。

  被害者は、合計で1281万円の損害賠償金の支払いを受けることができました。

 

  • 労災保険からの支給

 
 被害者は、労災保険からも157万円の支給をうけることができました。
 労災保険については当事務所弁護士がアドバイスを行いました。
 この157万円を加えると、被害者は1438万円の支払いを受けたことに
なります。

  上記以外にも、被害者の方は、労災から特別支給金が約85万円支給され
ました。この特別支給金というものは、加害者側に対する損害賠償額から引か
れません。ですから、この特別支給金というのは労災保険を使用する際の重要な
メリットの一つです。

 

  • ひとこと

 
 このケースは、被害者の方と何度も細かいお話を重ね、労災保険を使いながら、
最終到達点までたどりつきました。
 途中で難しい局面は何度かありましたが、最後まであきらめることなく進める
ことができ、妥当な解決に至ったといえるケースでした。
 弁護士費用特約はついていませんでしたが、当事務所弁護士を信頼していただき、
ご依頼いただきました。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます