交通事故被害者の慰謝料の増額を考えることはできるか

交通事故で被害を受けた場合に問題となる慰謝料とは?


 基本的には、以下の3種類が問題になります。

  死亡慰謝料(死亡事故の場合に問題となります)
  交通事故で受傷した場合…入通院慰謝料(傷害慰謝料)
              
後遺障害慰謝料

  ※被害者の近親者固有の慰謝料が問題となることがあります。
   くわしくは、具体的なケースを前提として当事務所にご相談ください。

 

慰謝料の基準?


 上記で述べた慰謝料の裁判基準の目安については、具体的事例を前提に
当事務所の相談をご利用いただければと思います。
 慰謝料についても一応の目安があるのですが、どうしても個々のケース
ごとに考えていかなければならない事情があり、ひとことで説明できるもの
ではないからです。

 

  • 交通事故被害者の慰謝料の増額を考えることはできるか


 たとえば、
  加害者に、飲酒運転、無免許運転、ひき逃げ、ことさらな信号無視などの
 故意又は重過失と評価し得る事情があった場合には、慰謝料の増額が考慮さ
 れる可能性があります。

  加害者が証拠隠滅、被害者に対し不当な責任転嫁があった等著しく不誠実
 な態度などがある場合にも慰謝料の増額請求を検討していくべきだと思います。

  個々の具体的なケースで慰謝料の増額理由があるのかどうかについては、
 その性質上、ひとことでご説明できるのものではありません。
  交通事故相談にお越しいただき、弁護士が、経緯・事実を細かくお聞きし
 て見通しをたてていく必要があります。

  当事務所の交通事故相談をぜひご利用いただければと思います。

  参考までに当事務所の慰謝料に関する実績を以下あげます。
  クリックしてごらんください。

  交通事故損害賠償請求訴訟と慰謝料

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます