ご依頼者(被害者)とのコミュニケーションは弁護士がとります


 金田総合法律事務所では、ご依頼をお受けした交通事故被害者との連絡のやり
とりは、弁護士が直接行います。
 もちろん、純事務的な連絡事項については時にはスタッフからご連絡をさせて
いただくことがありますが、ご依頼者との電話のやりとりは弁護士が直接ご対応
しておりますし、メールについても弁護士が対応しております。
 また、回数についてはケースにもよりますが、ご依頼者に当法律事務所にお越
しいただいての打ち合わせも、もちろん、必ず、弁護士が直接面談で対応します。

 
 ご依頼者ときちんとコミュニケーションをとっていくためには、ご依頼者のお話
を弁護士が直接聞くことが非常に重要になります。そして、コミュニケーションと
いうものは、ご依頼者のお話を直接聞く数を重ねることで築けるものだと考えてお
ります。
 これは、当法律事務所弁護士が数多くの案件・事件に携わってきた経験上自信を
もっていえることです。

 このように言うと、弁護士が裁判や出張で不在のときに、十分な連絡がとれるの
かという疑問が出てくるかもしれません。
 しかし、当法律事務所弁護士は、頂いたご依頼者からの連絡の折り返しは迅速に
行いますし、急ぎのご連絡のご要望がある場合にも対応できる体制をとっております。

 
 ご自身の生活にかかわるおそれのある非常に大事な問題について、弁護士と話を
し、弁護士を信頼してご依頼いただいたのですから、依頼者のご希望は、最初から
最後まで弁護士と直接コミュニケーションをとっていくことではないでしょうか。

  当法律事務所弁護士が、逆に交通事故被害者の立場になったとしたら、もし弁護
士に依頼する場合、信頼できる弁護士と直接連絡のやりとりをし、コミュニケーショ
ンをとっていくことを絶対に希望します。

 
 当法律事務所では、ご依頼者のニーズや意向に、正当な利益を守るという理念の
もと、可能な限り答えていきたいと思います。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます