交通事故人身被害の相談、依頼後の事件処理は京都の弁護士金田が行います

 
 平成22年2月京都の四条烏丸にオープンして以来、金田総合法律事務所で
解決した交通事故人身被害の案件は、全件、弁護士金田が相談をお受けし、弁
護活動を行い、解決したものです(大阪市での勤務弁護士時代もたくさんの交
通事故人身被害事件を取り扱ってきました)。

 現在、当法律事務所にご依頼いただいている交通事故人身被害案件も、全件
弁護士金田自身が相談をお受けし、弁護活動を行っているものです。

 そして、これからも、当法律事務所への相談、ご依頼がある交通事故人身被
害案件は、全件、弁護士金田が担当し、対応いたします。

  このようなことを言うと、弁護士金田は忙しいから、依頼してもきちんと誠
実に対応してくれないのではないかという疑問があるかもしれません。
 弁護士金田は、ご依頼をお受けした事件は迅速かつ誠実に処理し、きちんと
ご依頼いただいたお客様に報告することを常に心がけております。

 この点については、お客様の声 をクリックしてごらんください。当法律事
務所弁護士にご依頼いただいたお客様方の声です。

  ご不明な点は、実際に相談にお越しになった際にご遠慮なく弁護士金田にお
たずねいただければと思います。

  当法律事務所にご依頼いただいたお客様は、弁護士金田を信頼していただい
てご依頼いただいた方ばかりです。
 そうであるならば、弁護士金田もその信頼にきちんと応えなければなりません。

  特に、交通事故で受傷し、後遺症(後遺障害)等級認定の問題が予想される
ご依頼者の方の信頼に応えるには、

  関係する法律の深い知識 
  多数の裁判例の深い理解

 が必要であることはいうまでもありませんが、それだけでは不十分であり、

 たとえば、

   より広くてより深い医学的知識 
     地域の医療機関(病院、医院)の状況の把握
  
医師の先生との協力関係
  
被害者ご本人や、医師の先生など関係者とのコミュニケーション力
  
最終損害賠償で問題となりそうな点について治療中の段階から見通す力
  
後遺症(後遺障害)等級認定案件を数多く経験していること

  などといったことも必要、重要になってきます。

 交通事故後遺症(後遺障害)等級認定の問題というものは、かんたんなもの
ではありません。
 交通事故後遺症(後遺障害)等級認定案件を少し経験した程度では、ご依頼
被害者の正当な信頼に応えることはとても難しいと言わざるを得ません。法律
事務所が業務をしている日は、弁護士が毎日交通事故案件にとりかかっている
ような取扱状況でないと、より充実した対応をすることはとても難しいという
のが弁護士金田の持論です。

  金田総合法律事務所では、一例をあげますと、むちうち(頚椎捻挫)や腰椎
捻挫のケースでは、初回の無料相談から、MRI画像をお持ちであれば、それを
見て説明いたします。

  弁護士金田は、常に交通事故人身被害事件に関し、被害者の信頼に応えるべく、
より質の高い弁護活動を求めて日々研鑽にも努めております。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます