原付バイク乗車中に受傷した交通事故で、損害賠償金が保険会社の提示よりも約5倍アップした事例


 有職主婦の40代女性の方がご依頼者でした。原付バイクに乗車中、貨物自動車に
衝突され、頸椎捻挫(むちうち)、多数の打撲を負いました。

 事故から7ヶ月足らずの時期で相手保険会社から治療費を打ち切られ、その後も
自費で通院されており、これから後遺症診断となる段階だが、示談書が送られてきた
ということで、当事務所の無料相談に来られました。

 主な症状は、頚部痛、頭痛、右腕・右手がしびれるといったものでした。
 ※ 以下の記載金額は1万円未満を省略しております。

 

  • 相手保険会社の提示金額

 
 71万円でした。
 とくに、主婦の休業損害が、症状、治療状況などを考えると正当に評価されている
とは言い難い金額になっていました。

 
当事務所が受任しました

 
 依頼者の方とご相談をし、症状が残っていることから、まずは後遺症等級認定の申請
をして、示談の問題はその後に考えましょう、ということになりました。

 

  • 被害者請求による後遺症等級認定申請

 
 当事務所が代理しました。
 MRI画像の所見は軽度でしたが、上に述べた自覚症状と矛盾しないものがありました。
 また、ジャクソンテストで自覚症状に一致した異常所見がありました。
 主治医の先生が非常に細かく後遺症診断をされたケースでした。

 等級認定結果は、むちうちに伴う症状につき神経症状の残存が認められ、後遺症
14級9号が認定されました。

 

  • 示談交渉

 
 示談交渉も当事務所が代理しました。
 最終280万円の支払いを受ける合意に至りました。
 14級認定による自賠責からの75万円の支払いとあわせて355万円の支払いを受ける
ことができました。

  弁護士加入後、事前提示金額よりも5倍アップした金額をうけとることができたケース
でした。

■ 本ケースは弁護士費用特約の適用がない事案でしたが、当事務所弁護士を信頼していただき、
 妥当な事件解決に至ったケースでした。

 

14級の最新記事

主婦の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます