むちうち 後遺症(後遺障害)14級 治療中から受任し、総額335万円の支払を受けた事例

事故の概要

 
 被害者(20代男性)は、バイクに乗車していた際、四輪車に衝突され、
頸椎捻挫(むちうち)を受傷しました。

 

  • 当事務所弁護士の受任

 
 通院中に当事務所の無料相談にお越しになり、治療中から当事務所がご依頼
を受けることになりました。本件は労災保険の適用があるケースであり、最初
から労災保険を使用して通院治療されていました。
 被害者の方には頚部、一方の肩や上腕の痛みが継続してありました。
 ご相談をお受けした時点ではまだMRI検査が実施されていませんでした。
被害者の方の自覚症状などいろいろお聞きし、主治医の先生もMRI検査の
実施をすすめておられたようでしたので、当事務所弁護士は、MRI検査の
実施をお願いするよう被害者の方にお伝えし、実施されました。 

  • 当事務所弁護士の代理による後遺症(後遺障害)等級認定申請

  被害者が交付を受けた頚椎MRI画像のCD-Rを当事務所弁護士が
見ると、明らかに大きいとまではいえませんでしたが、訴えておられる
自覚症状と矛盾しない点がうかがえましたので、この点を意識して後遺症
(後遺障害)等級認定申請に向かいました。

  等級認定結果は、頚椎関係につき、14級9号(局部神経症状)が認定
されました。

 

  • 最終結果

 
 最終の損害賠償交渉(示談交渉)は、訴訟までいかずに決着しました。
 人身傷害保険、自賠責保険からの支払も含めて、弁護士加入後335万円
支払を受けるという解決ができました。

 

弁護士からひとこと

 
 この事案では、後遺症(後遺障害)診断の段階になって、当事務所弁護士が
被害者の方と整形外科医院に同行しました。
 それだけでなく、当事務所弁護士が、治療中の段階から継続的に被害者の方
にしっかりと寄り添い、被害者の方とコミュニケーションを尽くして最終解決
に至ったケースの一つです。

 当事務所では、事件のご依頼をお受けしたら、1件、1件をていねいに活動
していくよう努めております。

 

 

14級の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

会社員の最新記事

解決事例の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます