30代女性有職家事従事者 腰椎捻挫で後遺障害14級が認定されたケース

  • 被害者、交通事故の発生

 
 被害者は30代女性のパートもされている家事従事者でした。
 四輪車に乗り、赤信号待ちで停車していたとき、後方から四輪車に衝突され
たという事故でした。
 その後すぐに通院され、腰椎捻挫等の診断を受けました。

 

  • 症状、治療

 
 被害者は、頚部痛などもありましたが、とくにひどかったのは腰部痛と下肢
のしびれでした。パートで仕事をされていたのですが、痛みやしびれのため、
パートを休まざるを得ませんでした。

  整形外科へのリハビリ通院を重ねるとともに、トリガーポイント注射も実施
されました。

 

  • 当事務所弁護士受任、後遺障害等級認定手続の代理

 
 当事務所弁護士は治療中に受任し、対相手任意保険会社の窓口となり、治療中
のご相談もお聞きしていきました。
 状固定段階になり、後遺障害等級認定申請については、当事務所が代理して
行いました。

 

  • 後遺症(後遺障害)等級認定結果

 
 腰部関係につき、後遺症(後遺障害)14級9号(局部に神経症状を残すもの)
が認定されました。

 

  • 本ケースは…

 
 通院先の医療機関では神経学的検査が思うように実施されたとは言い難いケース
でした。
 また、被害者の方は一度転院されたというケースでした(地域的にもそれほど
整形外科があるとは言い難いという点もありました)。

  しかし、MRI検査は早期に行うことができました。実際、当事務所弁護士が
MRI画像を確認すると、弁護士が見るレベルでも、被害者の自覚症状と矛盾しな
い異常があることが確認できた事案でした。主治医の先生は、後遺障害診断書にも
弁護士の見立てと同様の所見を記載されていました。

  その他、当事務所弁護士は、等級認定申請の際、いくつか工夫もしました。
 結果、上記認定にたどりついたケースでした。

 

14級の最新記事

主婦の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます