14級認定 交通事故による受傷で勤務先を休んだ有職家事従事者の女性

  • 交通事故発生状況

 
 30代女性で、有職の家事従事者であった被害者の方は、自転車に乗車してい
たところ、四輪車に衝突されて負傷しました。
 この事故で、自転車前輪のタイヤがかなり曲がりました。
 被害者の方は、事故後すぐ自分の自転車の損傷状況の写真を撮影されていまし
た(交通事故の被害にあわれた方は、事故直後には気が動転されていることが多
いといえますが、救急搬送がなく、体が動く状態であれば、やっておくべきこと
の一つです。)。

 

  • 腰椎捻挫などの受傷

 
 被害者の方は、腰椎捻挫、手や下肢を打撲するなどの受傷を負いました。
 整形外科でリハビリ通院を継続しておられました。

 

  • 勤務先の休業

 
 被害者の方は、症状がきつく、職務内容の問題もあり、勤務先を休業せざる
を得なくなりました。

 

  • 弁護士受任・後遺障害等級の申し立て

 
 被害者の方は治療中に当事務所の無料相談に来られました。お話をお聞きし、
当事務所弁護士が依頼を受けることになり、後遺障害等級認定の代理をしました。

 

  • 後遺障害14級9号認定

 
 腰椎捻挫由来の腰部痛などの神経症状が残り、後遺症(後遺障害)14級9号
が認定されました。

 

  • 当事務所弁護士からひとこと

 
 当事務所弁護士が確認したところ、本ケースは被害者の方と主治医の先生
が比較的きちんとお話ができているという印象がありました。
 また、主治医の先生は、毎月発行される自賠責様式の診断書に症状経過を
細かく記載されていたというケースでもありました。

 そこで、当事務所弁護士は、被害者に、その症状からMRI検査が必要で
あることを伝えたり(MRI検査は主治医の先生に紹介状を書いていただき
他病院で撮影されました。)、存在する自覚症状がしっかり伝えられているか
を確認したり、必要な神経学的検査のことを説明したり、正当な等級認定に
向けて補充のアドバイスを行いました(MRIでも所見が見られ、ラセーグ
テストでも異常がありました。)。

 

 

 

14級の最新記事

主婦の最新記事

自転車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます