TFCC損傷、ひざ外側側副靱帯断裂 異議申立てにより非該当から14級が認定されたケース

被害者、交通事故発生状況、受傷

 
 被害者(30代女性)は、横断歩道を歩行中、四輪車にはねられて転倒する
という交通事故にあいました。
 この交通事故で、被害者は、一方の手関節付近とひざなどを受傷し、病院に
救急搬送されました。主な症状は、手関節痛とひざ関節痛でした。
 その後、ひざや手のMRI検査の実施や転院先の整形外科医院でリハビリ継
続といった治療経過があり、症状固定となり、後遺症(後遺障害)診断となり
ました。
 MRI検査をふまえて、ひざについては外側側副靱帯(LCLともいいます。
)断裂の、手関節についてはTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷の診断がな
されていました。

 

 当法律事務所弁護士の無料相談、受任

 
 被害者は、最初の後遺障害等級認定申請は事前認定でされましたが、結果
は、非該当でした。
 この非該当の結果が出たため、被害者は、当法律事務所にご連絡いただき、
弁護士の無料相談を受けられました。
 無料相談で被害者からお話をうかがった当法律事務所弁護士は、ご依頼を
お受けし、異議申立てを代理することになりました。

 非該当となった最初の等級認定では、MRI画像所見も否定的であり、かつ、
症状軽減の見込みがあるという点に着目されていたという事情がありました。
 しかし、被害者を診た整形外科医の先生は、MRI画像上、外側側副靱帯
断裂とTFCCには異常所見があるという診断でした。当法律事務所弁護士は
、手関節やひざのMRI所見がポイントになるだろうと考え、被害者の方の意
向もふまえ、放射線診断専門医の先生に画像鑑定を依頼することにしました。

 結局、放射線診断専門医の先生の画像診断でも、外側側副靱帯断裂とTFC
Cには異常所見があるという診断でした。それだけでなく、各部位のMRI検
査は2回ずつ実施されていたのですが、1回目と2回目の比較についても診断
がなされていました。

 次に、当法律事務所弁護士は、急性期(事故から間もない時期のことです)
の被害者の症状経過の資料が必要だと感じましたので、被害者の方の意向もふ
まえ、急性期に通院されていた病院の診療録を入手しました。
 交通事故直後から症状が継続かつ一貫していることを示すことができればと
いうのが趣旨です。
 さらに、交通事故でどのようにして手関節やひざを受傷したのかをていねい
に説明する必要があると考えましたので、これは被害者の方から細かく事情を
お聞きし、主張していくことにしました。
 当法律事務所弁護士は、これら各資料をそろえて異議申立てを行いました。

 

  • 異議申立ての結果

 
 手関節痛やひざ関節痛ともに症状の一貫性・継続性があるとして、後遺障害
14級9号(局部に神経症状を残すもの)が認定され、併合14級となりました。

 

 

14級の最新記事

その他の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

主婦の最新記事

歩行者の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます