助手席乗車中後方から追突された女性家事従事者が、弁護士依頼後、頚部痛腰部痛で後遺障害14級の認定を受け401万円の支払いを受けた事例


 夫が運転する車の助手席に乗っていた女性(家事従事者40代)が被害者の方でした。運転中に被害車両の後方から車に追突され、頚椎捻挫(むちうち)や腰椎捻挫のけがをしました。

  後遺症14級認定(運転中に後方から追突され受傷したご夫婦のケース)

 をごらんいただければと思いますが、当法律事務所弁護士が、交通事故後早い段階でご依頼をお受けすることになり、症状固定後、後遺障害等級認定申請を代理し、結果頚部関係や腰部関係でいずれも14級が認定されました。

 

  • 損害賠償の交渉(以下は千円以下省略しております。)

 
 最後の損害賠償の交渉も、当法律事務所弁護士が代理して行いました。
 交渉は極めて早期に終了し、追加で315万円支払いを受けることができ
ました。

 
 一部の明細は以下のとおりです。

  ・家事従事者の休業損害  109万円 
  ・後遺障害逸失利益     80万円
  ※
後遺障害逸失利益は、賃金センサスの年収372万7100円を、5年5%喪失したという計算による金額です。
 
後遺障害慰謝料     110万円

 
 中間で、通院交通費総額11万円の支払いを、後遺障害14級認定により自賠責保険から75万円の入金がありましたので、この被害者の方は、当法律事務所に依頼した後、401万円の支払いを受けたことになります。

 

  • 家事従事に関する損害(主婦の損害)

 
 この事例をごらんいただくと、主婦の家事に関する損害(休業損害と後遺障害逸失利益のことです)は、財産的な損害として認められることと、損害額も無視できないものであることがおわかりいただけるものと思います。

  交通事故でけがをされた主婦の方は、症状があるのであれば、交通事故直後から適切な対応をするべきことが非常に重要であり、そのためには交通事故事件をたくさん取り扱っている弁護士の無料相談を受けることが重要だといえます。

  ごえんりょなく当法律事務所に相談してください。

14級の最新記事

主婦の最新記事

四輪自動車の最新記事

解決事例の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます