頚部痛、頭痛、腰部痛など後遺障害14級認定 治療費を除き500万円弱の支払いを受けたケース

 本件は、赤信号で停車していた自動車が、別の自動車によって後方から追突され、停車自動車の運転者(被害者)が受傷したというケースです。
 追突した自動車の前の角は大破し、追突された自動車の後方の角もへこみと割れが生じた事故でした(被害者は事故直後、事故現場で写真をとりました。)。

 被害者には、頚部痛、腰部痛、頭痛などの症状(手のしびれや握力低下といった症状もありました)が生じ、交通事故翌日に整形外科に受診されました。
 整形外科で診断された傷病名は頚椎捻挫、腰椎捻挫でした。
 その後も、通院を継続し、リハビリや内服の投与も継続されました。
 MRI検査ですが、頚椎については交通事故から1ヶ月以内に撮られました。

 被害者は症状がきついため、電車も途中下車をしてしまうときがあるほどでした。

 

  • 当法律事務所弁護士受任

 
 当法律事務所弁護士は、後遺障害等級認定の申し立てから代理しました。
 しかし、それまでの無料相談の時点で腰椎のMRI検査が実施されていなかったので、この点をアドバイスしました。
 また、本件は、弁護士同行面談が難しそうであったことから、後遺障害診断となる前に弁護士が主治医の先生宛書面を作成し、被害者の方にご持参いただきました。

 整形外科が毎月発行する診断書には、被害者の症状経過が細かく記載されていました。
 また、後遺障害診断書によると、ジャクソンテスト、スパーリングテスト、ラセーグテスト、SLRテストが陽性とのことでした。

 

  • 後遺障害等級認定結果

 
 以下の後遺障害が認定され、併合14級となりました。

 頭痛、頚部関係…後遺障害14級9号(神経症状が残った後遺障害)
 腰部関係…後遺障害14級9号(神経症状が残った後遺障害)

 

  • 示談交渉

 
 当法律事務所弁護士が示談交渉も行いました。示談交渉を開始してから示談が成立するまで1ヶ月もかかりませんでした。
 最終421万円を支払う旨の示談が成立しました。これは、治療費と自賠責保険から14級認定により支払いを受けた75万円を含まない金額です。
 ですので、治療費を除き、弁護士が加入してから500万円弱の支払いを受けることができました。

 頚椎捻挫や腰椎捻挫後を受傷した後、後遺障害14級が認定されたケースで、治療費を除き、500万円弱もの支払いを受けることができるケースなんてあるのと思われる方もいるかもしれません。
 しかし、実際、このケースでは500万円弱の支払いを受けることができたのです。
 大きな損害費目の金額については以下のとおりです。

 
  後遺障害逸失利益 224万円
 
(労働能力喪失率5%、労働能力喪失期間5年で計算した数字です。)

  傷害慰謝料   119万円

  後遺障害慰謝料 110万円

 
 これら各損害費目の金額は、裁判基準レベルの数字です。
 当法律事務所弁護士は、示談交渉段階から細かい主張をしていきます。
 たとえば、後遺障害逸失利益では主張した金額の根拠となる理由があるのですが、それを細かく主張していくのです。
 被害者の治療状況、症状経過、異常所見などを細かく把握していないと、細かい主張をすることは難しいでしょう。

 (※ 以上の金額は1万円未満は省略しています。)

 

 

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます