肩鎖関節脱臼で鎖骨変形と肩関節の後遺障害11級が認定された事例

被害者…40代男性
事故状況…四輪車と二輪車(被害者)の衝突
傷病名…肩鎖関節脱臼、肋骨骨折(多発)、膝蓋骨骨折 ほか

当事務所へのご相談時期…加害者側任意保険会社から治療費が打ち切られ、これから後遺障害認定の段階というところで当事務所のご相談に来られました。

後遺障害等級認定申請

 
当事務所は、まず、後遺障害等級認定申請の代理をしました。


 
後遺障害診断書の記載


・肩鎖関節脱臼に由来する鎖骨の変形
・肩鎖関節脱臼を受傷した側の肩関節の状態
(拘縮している旨の記載がありました。経過の診断書でも肩関節拘縮が明記されていました。)
・骨折した膝の状態
・検査関節脱臼をした側の肩関節可動域
(健側と比べて、肩関節機能障害の認定要件を満たすほどの制限がありました。)

 
初回の等級認定結果(被害者請求)

 
・肩鎖関節脱臼につき、鎖骨の変形で12級5号(同部位の疼痛もありましたが、これは変形に含めての評価になりました。)
・膝の傷みにつき14級9号が認定され、併合12級が認定されました。

ただし、肩関節の可動域制限については、画像所見、症状・治療経過から、今回のケースのような高度な可動域制限が生じるものとは捉え難い旨の理由で等級に該当しないということでした。 

異議申立て(被害者請求)


肩関節機能障害の点に関し、異議申立てを行いました。
 
当事務所弁護士は、以下の資料をはじめ、たくさんの資料をつけて異議申立てをしました。

・労災の障害補償に関する資料(肩関節機能障害が認定され、併合11級が認定されたのでその資料を出しました。) 
・治療・症状経過に関する資料(診療録)
・専門医の先生による画像鑑定資料(肩腱板の部分断裂所見がありました。)
  
しかし、結果は初回の申請結果と変わりありませんでした。理由もほぼ同じ理由でした。

自賠責保険・共済紛争処理機構への不服申立て  


その後、自賠責保険・共済紛争処理機構へ異議申立てを行いました。
その結果、肩鎖関節脱臼をした側の肩関節の可動域制限による機能障害が認められ、新たに12級6号が認定されました。
 
鎖骨変形12級5号、膝神経症状14級9号と、12級6号の併合で11級が認定されました。

弁護士からひとこと

 
自賠責保険・共済紛争処理機構への不服申立ては、一度のみしかできず、ここでも判断が変わらないと、等級を争う方法は裁判手続しかありません。
本件は、ご依頼者の方とは、事前に、勝負どころは自賠責保険・共済紛争処理機構でのステージかもしれないという話をしていました。
本当に1回勝負のステージで想定した結果が認められた事案でした。

 

11級の最新記事

その他(胸腹部臓器、外貌以外の醜状、鎖骨など)の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

会社員の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます