賠償金が増えなかったら
代表弁護士 金田 英二からのメッセージ

 

 

弁護士 金田 英二

 

弊所弁護士の実績が認められ、自動車保険ジャーナルに弊所で取り扱った交通事故判例が掲載されました。
【掲載交通事故判例の内容】
「足部骨折後の外傷性扁平足等を
 12級13号と認め、67歳まで後遺
 障害逸失利益を認定し、被告の
 100%過失を認定した」

当日や翌日、平日の夜間、土日祝日の無料相談(弁護士との直接面談です)については、弁護士の予定があいていれば、交通事故相談をお受けいたします。

交通事故の後遺症損害賠償案件に関する相談・事件処理の特徴

~けがが治らない方が適切妥当な後遺症等級認定をうけるための弁護活動~ 

1.必要に応じて、弁護士が病院や医院に同行いたします

 残った症状に相応する後遺症(後遺障害)認定のための弁護士の活動。
 詳しくはこちら

2. 弁護士は相談で交通事故のむちうち、腰椎捻挫のMRI画像を確認します

 交通事故無料相談で弁護士がむちうち(頸椎捻挫)、腰椎捻挫のMRIの確認までします。
 もちろんご依頼後でも確認します。 詳しくはこちら

3.放射線診断専門医や協力整形外科医と連携した体制

 必要に応じ、弁護士が交通事故受傷に関するより深い医学知識をもとに医師と連携します。
 詳しくはこちら

4.交通事故直後、通院中から無料相談・ご依頼を受け付けております

 弁護士は、最終の損害賠償示談交渉や訴訟をみすえた事件処理に努めます。
 初回から、相手方が主張しそうな点もふまえて説明します。
 できるだけお早めに。

5.当法律事務所弁護士の多数の交通事故後遺症等級認定事例・解決事例

 全件当事務所にご依頼いただいたご本人のご承諾を得て掲載しております。
 すぐ下の欄の 部位別後遺障害事例  解決事例もごらんください。
 示談交渉や裁判による交通事故損害賠償金の大幅な増額獲得実績が多数あります。
 骨折、脳挫傷、脊髄損傷、顔の傷などの解決実績も多数あります。

6.会社勤めの経験がある弁護士が依頼者と直接連絡のやりとりを迅速にします。

 弁護士はご依頼者の方とのこまめなやりとりに努めます。
 ご連絡時に弁護士が不在でも、折り返しの連絡を弁護士が迅速に行います。
 お客様の声 (クリックしてごらんください。)

京都市の交通事故強い弁護士 ―交通事故被害者救済のために―

京都市下京区四条烏丸にある金田総合法律事務所の代表弁護士 金田英二です。

当サイトは、私自身が交通事故事案に長年携わってきた経験を踏まえ、京都市を中心に一人でも多くの被害者を救済したいという思いで立ち上げました。

サイトオープン以来、京都市をはじめ毎年170件をこえるご相談をいただき、その一人ひとりの方へ親身な対応を心がけています。

交通事故にあわれてにつらい思いをされた方の、
『前に進みたい』という気持ちのために力を尽くします。
お気軽にお電話ください。

本当に交通事故に強い弁護士に相談したい 賠償金が適正か知りたい 保険会社の対応に不信感がある
過失割合に納得できない 休業損害の査定に納得できない 突然の「治療打ち切り」

脳外傷バナー

image_2018_5_14

 

交通事故法律相談表ダウンロード
なぜ弁護士選びが重要なのかバナー ポータルサイトに注意バナー

 

弁護士金田英二の京都へのこだわり

公表では、京都の交通事故は、発生件数負傷者数ともに年々減少しています

しかし、弁護士金田のもとには毎年多くの交通事故の相談があり、お越しになる方はやはり京都の方が多いです。
これは、交通事故関係のホームページ自体が増え、京都のみなさまの権利意識が向上したこともあると思います。

弁護士が交通事故の相談を受けて、抱いた京都の方の総合的な印象

金田は、生まれは京都、育ち、通学も京都であり、調理師の仕事も京都で行い、京都市の四条烏丸で弁護士をしています。

交通事故の相談を受ける中で、京都の方は、交通事故の相手方に対し、自分の正当な利益をきちんと主張できているケースが少ないという印象を受けています。
交通事故被害者が適正な損害賠償を受けずに事件が終了しているケースが多数あることを、地元京都で弁護士をしていて感じております。

さらに京都の交通事故被害者は、京都の弁護士に相談し、依頼するという考えがまだまだ希薄だと感じております。
弁護士も、京都での交通事故の被害は、ぜひ地元京都の弁護士に相談していただくことを、みなさまにもっとアピールしていかなければならないと思います。

・交通事故の被害者が十分なコミュニケーションをとるには、京都の弁護士に相談し、依頼する方がよりスムーズ

・交通事故の被害者が、京都の病院医院への通院に不安なことがあれば、京都の弁護士が、よりくわしく相談に乗ることができる

・交通事故の被害者と京都の病院医院同行も、京都の弁護士に依頼する方がより充実したものとなる

・京都にお住まいの交通事故の重度被害者が移動が困難だという場合、京都の弁護士は、相談や依頼を受けるときに、出向きやすい

交通事故の被害者が、適正な損害賠償金額を得るには、地元京都の弁護士に相談し、依頼するべきだといったことをもっといえるよう、よりアピールできるよう、弁護士金田は日々努力します。


京都の交通事故被害の無料相談で、弁護士選びにお悩みの方へ

パソコンやスマートフォンで検索すると、京都でも弁護士のホームページがたくさんあり、交通事故被害をどの弁護士に相談しようかとお悩みではありませんか。

交通事故の人身被害の無料相談では、法的な知識以外にも交通事故の受傷に関連した深い医学知識を持ち、後遺症(後遺障害)等級認定に関する数多くの経験がある弁護士が相談をお受けすることが重要になります。
相談の後、弁護士が受任し、最終の示談交渉や裁判でも、深い医学知識と数多くの後遺症(後遺障害)等級認定案件の経験が重要になってくるからです。
つまり、受傷した被害者が適正な損害賠償金を受けるために重要になります。

京都の当法律事務所は、医学知識をより深めるよう日々努めており、無料相談でも、交通事故の受傷との関係で必要な医学のことを弁護士が多く話すことになります。
もちろん、相談ではよりわかりやすく説明することを心がけております。
当法律事務所弁護士は、事故状況はミニカーを使ってお聞きしますし、けがは人体模型もつかって説明します。

むちうち(頚椎捻挫)や腰椎捻挫のケースでは、MRI画像をお持ちであれば相談のときに弁護士が確認し、後遺症(後遺障害)等級認定の見通しなども説明いたします。
京都の弁護士は受傷被害者のために交通事故の相談でここまでやるんだ、ということを示していきたいという思いもあります。

交通事故人身被害者の方は、どの弁護士に無料相談に行こうかとお悩みであれば、面倒かもしれませんが、複数の法律事務所で相談を受けられ、実際に弁護士に会うことをおすすめします。
依頼されるときも、実際に会って話をされ、納得し、いいと思われる弁護士に依頼されればと思います。
相談を希望される複数の弁護士の中に、ぜひ京都の当法律事務所を選んでいただければと思います。
ご依頼をお考えの場合も、京都の弁護士金田は選んでいただくために最大限の努力をしていきます。

 

 

金田総合法律事務所の所在地


京都市下京区四条通西洞院東入る新釜座町716-1 四条平野ビル7階

当法律事務所は、京都市の四条烏丸の地にあり、四条通りの南側に面したビルの7階にあります。阪急電鉄烏丸駅から徒歩5分、市営地下鉄四条駅からも徒歩5分のところにあります。

四条烏丸は市営地下鉄と阪急電鉄の相互乗換駅になっており、交通の便も良好です。京都でも遠方からお越しいただくお客様の交通の便を考えてこの四条烏丸の地で開業しました。また、オフィス街で金融機関も多く、百貨店や市場もあります。

交通事故のけがでお悩みの方が京都の当法律事務所にお越しになって、少しでも前進していただけるようがんばります。